ホーム
> 観光 > 伝統芸能
人形レスリング
2019-10-09 10:40フォントサイズ: A A A

 人形レスリングは余姚北部の泗門一帯に広く伝わる民間民俗舞踊である。それが民間芸人の娯楽活動を源とするのだ。

 明清時期に、余姚一帯は廟?寺の縁日が盛んに行われて、姚北一帯の経済は発達し、多数の民間職人がいる。これらの職人は頭の回転が速く手も器用で多芸多才で、毎人一定のアマチュアがあって、大道芸が好きな人もいるし、講談が好きな人もいるし、寄席演芸を熱中する人もいる。うちには、人形レスリングはこのような活動に遊ぶことが好きな人がいる。廟?寺の縁日の盛行に従って、多種の民間芸術の形は廟?寺の縁日活動の出演に入る。人形レスリングはその形が珍しくて、動作が誇張するため、ユーモアに出演して大衆の歓迎を受けられて、次第に廟?寺の縁日活動での不可欠の部分になってきたので、伝承して広く伝わる。特に清代になると、人形の造型美術は満州族アパレルを根拠にして、頭はおわん帽をかぶって、清朝の長いお下げを残して、短い上着と長い中国服を着て、造型がユーモアかつ本物そっくりで、動作のユーモア且つ滑稽で、冗談に出演し、そして各種の独自特色を持った出演スタイルを与える。例えば:「二トラ对峙」、「进退拉锯」、「仙鶴甩嘴」、「苍鷹噙雏」、「餓狼扑羊」、「背水悪戦」、「出奇制勝」など、出演の速度は遅くて秩序あり、環きつく掛け、危険な兆しが途切れなく、クライマックスがたびたび現れることになる。そこで、広大な観衆の大好評を得る。

 人形レスリングの最大特徴としては、その人形造型は真人の大きさであり、2人の人形人は相対し腕を巻き付けていっしょにいてねじって、力強く高らかな銅鑼と太鼓の音の中で激烈な闘いを展開して、誰も誰に服しなく、誰が相手を打倒するよう努力して、本当に勝負がつきにくく、観衆はいずれも一方のために手に汗を握らせることになる。出演が終わる時、立ち上がって見得を切てカーテンコールにこたえるのは1人の役者だけで、一連の恐怖感を与える出演全体は役者が衣服が覆うもとにうつぶせになる体で匍匐状態で出演したのだ。

 人形レスリングは余姚泗門地区の民間民俗舞踊で、現在状況から見ると、寧波、更には全省に至った1種の民間舞踊の形で、同踊りは悠久の歴史を持ち、泗門鎮にかなり重視されるので、やっとこの民族文化の形として保存され伝承され、泗門におけるひとつの伝統的な番組になってきた。人形レスリングとの民間舞踊は、芸術の視点から、民間舞踊の独自な風格を備えて、出演観賞価値があって、大衆の大好評を得た民間舞踊だ。

【印刷】 【閉じる】
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统