ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
農作業体験、楽しい市場巡り……国慶節連休に豊作を祝う
2022-10-03 21:19フォントサイズ: A A A

    稲を収穫し、市場をぶらぶらする……10月2日、海曙区集士港鎮広昇村の農地で、集士港鎮の第2回豊作祭及び「広徳湖」ブランド発表イベントが行われた。多くの観光客が現場で農作業を体験し、「広徳湖」ブランドの農産物を購入し、楽しくにぎやかになった。

    スタート式では、ゲストたちが五穀を納屋に注ぎ、今年の「豊作満載」を意味した。

  「広徳湖はかつて寧波の母になる湖であり、今は管轄区の農産物と現代ブランドの架け橋となっている。ブランドの発表は集士港鎮農家の製品自信、ブランド自信を高め、鎮域経済の振興を牽引するためである」。集士港町の担当者は、エビの米、オーストラリアのロブスター、ユリの花、スイカなどの地元農産物も紹介した。

    現場には「広徳紅韻の共富の集市」も開設され、展示品エリア、観賞エリア、豊作エリアに分かれている。観光客は多彩なイベントを体験した。観賞エリアで農作物の特性と動物の習性を理解する。豊作区で農民の稲刈りや稲刈りの苦労を体験し、農作物の成長周期を学習した。

    集士港鎮の責任者によると、広沢共同富裕精品路線の景色が美しく、子供の趣味を思い出す農事活動が多く、商業センターがにぎやかだ。今回の豊作節選が広昇村の農地で行われたのは、ここが海曙区広沢の共同富裕精品路線の重要なポイントであるからだ。


【印刷】 【閉じる】