ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
展覧会「私たちの恐竜」 今週土曜日開催
2022-06-17 19:14フォントサイズ: A A A

 寧波博物院はこの夏休みに、中国科学院古脊椎動物・古人類研究所と共同で児童科学展「私たちの恐竜」を開催する予定。展覧会は6月18日に開かれ、恐竜の化石や模型、復元彫刻など74点の作品が展示される。

 昨日午前、寧波博物館を訪れた際に、1階のロビーに長さ約15メートル、高さ7メートルのクラメリサウルスの完全骨格模型が立っていた。特別展示室では、スタッフたちが準備に追われている。

 「このクラメリサウルスの完全骨格模型は、1:1のサイズで復元されているんです」本展覧会の学芸員である徐琴さんは、「今回の展覧会では、博物館1階の東西2つのホールを一つにして、ホールに広い展示エリアを作りました。」と紹介している。

 徐琴さんによると、今回展示された恐竜はいずれも中国の「身分証明書」を保有しており、中国の恐竜に関するここ数年の科学調査・研究成果である。中国で発見され、そして命名された恐竜の種類は338種で、世界1位だという。

 展示室に設置された大型骨格模型と彫刻展示場では、観覧客はこれらの恐竜家族を間近で見ることができる。これらの大型の骨組みや彫刻には、技術が用いられ、体を揺らしたり音を立てたりすることもできる。

 見学体験をより充実させるために、本展覧会では多様なデジタル技術やインタラクティブなデバイスも導入されている。展示室では、多様なインタラクティブ体験コンテンツが見られる。

 本展覧会は9月4日まで開催している。


【印刷】 【閉じる】