ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波市90余りのフィットネスイベント 続々と開催
2022-08-10 17:09フォントサイズ: A A A

   「三江六岸健歩走」大会に在甬外国籍の人々も参加した。

 

    8日は中国の14回目の「全国民フィットネスデー」であり、「スポーツ法」の新改正後初の「全国民フィットネスデー」でもある。このため、寧波市の各級スポーツ部門は90余りのフィットネス活動を企画し、各地で続々と開催している。

 

    寧波市の「全民フィットネスデー」の主な活動として、「三江六岸健歩走」大会は7日夜、江東北路からスタートし、1000人近くの市民が三江六岸の景観通りを歩いた。

 

    海曙区のスポーツ部門は7日、洞橋町で2022寧波市の美しい田舎フィットネスツアー(海曙駅)を開催し、300人以上のスポーツ愛好家が参加した。

 

    6日夜、鎮海区体育部門は2022年全国民健康増進日活動及び寧波市コミュニティ運動会鎮海駅総決勝の開幕式が行われ、世界チャンピオンの程錫平と北京五輪武術チャンピオンの張帥は「鎮海区全国民健康増進運動推進大使」に招聘されたという。

 

    昨日、北倫区のスポーツ部門は「全国民健康デー」シリーズイベント及び「熱力寧波」スポーツ消費祭北倫駅イベントを行い、北倫区の高齢者将棋、囲碁試合などを続々と展開された。

 

    余姚市体育部門は8月初めに「全民フィットネスデー」余姚市起動式及び社会体育指導員フィットネス指導サービス大展示、寧波市コミュニティ運動会余姚駅蛍の光フィットネスウォーキング活動などが行われた。

 

    慈渓市のスポーツ部門は7日に全国民健康デーの明月湖夜蛍光歓楽ジョギングの後、寧波市コミュニティ運動会のバドミントン決勝戦も行われる。


【印刷】 【閉じる】