ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
今年上半期の北倫対外貿易規模 再び新記録更新
2022-08-10 17:10フォントサイズ: A A A

    8月8日午前中、北倫区の半年度対外貿易統計が発表された。それによると、今年上半期、北倫区の対外貿易輸出入総額は2176.9億元で、前年同期比8.8%増加し、総額は全市の第1位で、全省の11%を占め、昨年より1ポイント増加した。そのうち、輸出額は前年同期比14.7%増の937億4000万元、輸入額は1004億元で、全省第1位で、前年同期比4.7%増加した。


    企業の新興市場開拓に伴い、北倫区の貿易パートナーはさらに多元化し、市場の潜在力は絶えず放出され、勢いが喜ばしい。1月から6月までの北倫区の「一帯一路」沿線国・地域への輸出額は295億7000万元で、前年同期比15.6%増、輸入額は399億5000万元で、前年同期比22.2%。RCEP諸国への輸出額は192.5億元で、前年同期比9.0%。中東欧諸国への輸入額は33.5億元で、前年同期比27.1%増加した。

 

    デジタル化の加速も北倫区の対外貿易の質的発展を推進している。省級対外貿易総合サービスプラットフォーム企業の新景輸出入、聨合グループ、米連合対外貿易三社で合計輸出額は36.5億元で、前年同期比12.6%増加した。


【印刷】 【閉じる】