ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波舟山港「2万箱」のコンテナ船の入港 常態化
2022-08-12 21:31フォントサイズ: A A A

    統計によると、寧波舟山港は2017年4月12日に世界初の「2万箱」コンテナ船「商船三井成就」船の入港以来、延べ「2万箱」コンテナ船が千隻を超えた。

 

  「2万箱」コンテナ船の大きさはいったいどれくらいか。世界初の「2万箱」コンテナ船「商船三井業績」船の船長は400メートル、幅58.8メートル、積載量は20170標準箱で、現在「2万箱」船の寧波舟山港での入港は常態化している。

 

    7月31日現在、寧波舟山港の今年のコンテナ航路総数は301本に上昇し、世界200以上の国と地域の600以上の港をカバーし、「港通天下」の航路ネットワークを編み出した。


【印刷】 【閉じる】