ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
今年7カ月間の寧波輸出入総額 7502億9000万元へ
2022-08-12 21:33フォントサイズ: A A A

    写真は寧波税関の職員による監督管理作業場でシャワー冷却作業を巡査中

 

    寧波税関の統計によると、今年7カ月間、寧波の輸出入総額は7502億9000万元と、前年同期比13.3%増加した。そのうち、輸出は4886億4000万元で、前年同期比16.1%増加した。輸入は2616億5000万元で、前年同期比8.5%増加した。

 

    民間企業が寧波輸出入の主力となり、占める割合が上昇した。今年7カ月間、寧波民間企業の輸出入額は前年同期比14.7%増の5344.9億元で、同時期の全市輸出入総額の71.2%を占め、占める割合は前年同期比0.8ポイント上昇した。

 

    欧州連合、米国、ASEANは寧波の上位3大貿易パートナーである。今年の最初の7カ月間、寧波はEU、米国、ASEANに対してそれぞれ1379.1億元、1354.9億元、848.8億元の輸出入をし、前年同期比の伸び率はそれぞれ18.1%、18.9%、20%に達した。三者合計は同期寧波市の対外貿易総額の47.8%を占めた。

 

    また、今年前半の7カ月間、寧波は「一帯一路」沿線諸国への輸出入が2163.1億元で、前年同期比18.5%増加し、同時期の寧波輸出入総額の28.8%を占めた。寧波のRCEP加盟国への輸出入額は前年同期比5.5%増の1895億6000万元で、同期の寧波輸出入総額の25.3%を占めた。

 

    機電製品は主要な輸出商品で、今年7カ月間の輸出額は2724億4000万元で、前年同期比13.1%増加し、全市の輸出総額の55.8%を占めた。紡績製品の輸出額は613億8000万元で、前年同期比14.8%増加した。ハイテク製品の輸出額は348.2億元で、同時に13.2%増加した。

 

    輸入商品については、今年7カ月間、基本的な有機化学品の輸入額は305億8000万元で、前年同期比20.1%増加した。未鍛造圧延銅及び銅材の輸入額は256億5000万元で、前年同期比12.8%増加した。農産物の輸入額は前年同期比5.6%増の166.1億元、製品油の輸入額は116.1億元で、前年同期比233.3%増加した。


【印刷】 【閉じる】