ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
「寧波の夜」更に輝く
2022-08-28 19:30フォントサイズ: A A A

   「寧波の夜」に輝きを添える。文化・観光部は昨日、第2陣の国家級夜間文化・観光消費集積地区リスト、寧波南塘旧街ランキングを発表した。昨年11月に初めて入選した寧波老外灘と合わせて、寧波市はすでに2つの栄誉を獲得した。

   「南塘の夜」「国家レベル」に昇格

    全国で123の集積区がこのリストにランクインしたという。浙江省では6つが選ばれており、寧波南塘老街のほか、5つはそれぞれ杭州新天地活力街区、温州五馬歴史文化街区、湖州南潯古鎮、湖州太湖龍之夢楽園、嘉興市烏鎮景勝地である。

    説明によると、南塘旧街は「一河一街一市」の典型的な水郷の光景であり、設計・建設の中で旧街の歴史の趣、建設の特色および名人文化を完璧に街の配置に溶け込ませることに成功し、「歴史は生活に溶け込み、商業は遺跡に溶け込むこと」を実現し、寧波の味を最も備え、最も歴史的融合性があり、最も江南水郷の特色を備えた文商旅テーマの特色ある街である。

    同時に、公共サービスの面では、南塘老街の公共関連サービスが完備され、地下駐車スペースの数が十分で、観光客サービスセンターにはセルフサービスガイドが設置され、基礎医療サービスを提供し、バリアフリー通路などの人に優しい施設が設置されている。

    今回、南塘老街が選ばれ、昨年11月に初めて選ばれた寧波老外灘と合わせて、寧波は累計で2つの賞を受賞している。

    ナイトツアーの経済政策環境の継続的な好調に伴い、ナイトツアー市場の発展も上昇し続けているという。『中国ナイトツアー業界の現状高度研究発展戦略評価報告書(2022-2029)』によると、中国の夜間経済は、2016年以来爆発的な成長を見せている。2016年の中国夜間経済規模は約18兆2700億元であったが、2020年には30兆9000億元に増え、増加幅は69.08%に達し、2022年には中国の夜間経済規模は42兆4200億元に達し、2020年に比べ、37.28%増加すると予測している。


【印刷】 【閉じる】