ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧波市スポーツ用品品質検査センターの設立
2022-09-01 20:08フォントサイズ: A A A

    8月31日、寧波市スポーツ用品品質検査センターが寧海に設置された。「これはわが市のスポーツ事業の改革発展の過程の中の一大事です」贺昌元市副書記、副局長の話によると、寧波スポーツ用品の品質検査センターの設立は、スポーツの強い町の戦略、国家体育消費モデル都市のニーズに合致している。必ずわが市のスポーツ企業に対して、高いレベルの品質管理と市場競争に積極な意義がある。


    「寧波は国家スポーツ消費モデル都市、第19回アジア大会共催都市として、ここ数年、スポーツ産業規模は持続的に拡大している。しかし、わが市のスポーツ制造業の品質はまだ十分に高くなくて、有名なブランドは少なくて、制品の箇性化、知能化などの面において、人々の生活に満たしていない。調査を通じて、寧波市の地元スポーツ企業は制品の品質検査に大きな需要があることを発見した。これにより、寧波市スポーツ用品品質検査センターの建設を推進した」と賀昌元が話した。


    今年1月、省のレジャースポーツ用品品質検査センターに基づき、市の品質検査院が寧海市に最初のスポーツ用品品質検査センターを建設し、8月に寧波市市場監督管理局の許可を得て設立した。今年に入ってからすでに我が市の関連企業のためにフィットネス机器、運働服装、プラスチックトラック、水泳施設などの検査検査サービスを620回余り提供した。


    現在、寧波市スポーツ用品品質検査センターはキャンプ用テント、トレッキング、スノーボーダー、滑り台などのアウトドアレジャー用具、球技器具、体操器具、フィットネス器具などのスポーツ器具を備えている。プラスチック人造芝生の滑走路、水泳場、スポーツなどの運動場やヨガ服、シューズを衣、ニット服などのスポーツウェアの計99類1288項パラメータの能力を測定し、うちは83%の検出プロジェクト、当市の検出の空白を埋めた企業は必要品に送検石家荘、威海、深センなどを有効当市の検出点検関連企業のコストを下げた。


【印刷】 【閉じる】