ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
江北新興産業スマート装備製造産業園の工事を急ピッチで建設
2022-09-12 21:32フォントサイズ: A A A

    連日、江北新興産業スマート装備製造産業パークプロジェクトの現場では、労働者が汗を流して働いている。このプロジェクトは江北初の国資による工業用地買収の「二次開発」のモデルプロジェクトであり、前期で、関連部門は力を合わせて、工事の進度や工期を確認しあいながら推し進め、結局2カ月繰り上げ着工し、後期の進度に堅実な保障を提供することになった。

 

    プロジェクトは多層工場、高層工場、設備用建物及び関連施設を含み、主に高級デジタル制御工作機械と産業ロボット、知能センシングと制御装備などの知能装備の生産である。時間的なタイトさ、任務の重さなどの挑戦に直面して、プロジェクトの参加部門は入念に計画し、土地の買戻しからプロジェクトの着工まで、プロジェクトの初歩的な草案を複数回の論証を経て決定稿まで、プロジェクトの設計最適化から詳細まで、わずか数ヶ月の間に、関連部門は連携しながら推進したのである。

 

    同時に、作業グループは図面設計の同時に予算リストの作成を行い、入札募集作業を細分化し、事前公示資料補遺方式を採用して規定日で入札することに漕ぎついた。また、事前に電力単位とドッキングし、臨時電力供給を順調に完了し、プロジェクトの着工に礎を築けた。


【印刷】 【閉じる】