ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧海光伏産業と人力資源機構とのドッキング 豊富
2022-09-12 21:33フォントサイズ: A A A

    寧海県はこのほど、「光伏+エネ貯蔵」産業人的資本ドッキング会を開き、20社余りの良質な人的資源会社と旗浜光伏、震裕科学技術、東方日昇などの光伏エネルギー貯蔵分野の重点企業を誘致したという。わずか3時間で、人的資源サービス機構と企業は初歩的な協力意向を10件以上達成し、寧海の光伏貯蔵企業に3000人の内定を送り出した。

 

    現在、寧海は質の高い発展ポイントをしっかりと押さえ、トップダウン設計を強化し、全チェーン数千億級の「光起電力+エネ貯蔵」産業チェーンを迅速に配置し、環三門湾クリーンエネルギー基地の核心区を構築し、南翼の台頭を推進する重要な成長ポイントになるよう努力している。昨年、寧海県の光貯蔵産業規模以上の工業総生産額は100億元を上回った。「第14次5カ年計画」期間中、寧海光貯蔵産業の投資額は累計500億元、2025年までに光貯蔵産業の総生産額は1000億元に達し、もう一つの寧海工業を「造る」ことに相当すると予想されている。しかし、産業の急速な発展の過程で、各大太陽光発電分野の企業はある程度雇用不足の難題に直面している。

 

    今回のドッキング会をきっかけに、寧海県は「光伏+エネ貯蔵」産業人材育成特別行動を着実に推進し、産業人材の特別育成、「八省十城」特別学校招聘、生中継で求人宣伝などの新措置を打ち出し、人材と企業の「繋ぐ」というドッキングの役目を果たし、人材革新によって光伏貯蔵産業の加速発展を支援するようにしている。


【印刷】 【閉じる】