ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
2021中国の町トップ100 慈渓・観海衛がランクイン
2022-09-21 16:35フォントサイズ: A A A

    このほど、『2021町の総合競争力報告』が発表され、中では2021年の中国の町トップ100も同時に発表され、当市の江北区慈城鎮と慈渓市観海衛鎮がランクインし、それぞれ第52位と第68位である。

    『2021町の総合競争力報告』は競争力シンクタンクと、中国発展改革新聞社、北京中新都市計画設計研究院などの機関が共同で発表したもので、全国の町(街、農場、団などは除外)を研究対象とし、経済規模、経済活力、1人あたりの平均水準などの面から総合的に評価している。

    本報告によると、2021中国の町トップ100は全国の10の省に分布し、主に東部地区に集中している。トップ100の町の数は江蘇省が一番多く、41町である。次いでは広東省30町、浙江省9町、山東省9町、福建省4町、河北省2町、湖南省2町、河南省1町、江西省1町、貴州省1町となっている。

    慈城鎮は2021年に地域総生産額が134億元を実現し、一定規模以上の企業(売上高が2000万元以上)の工業増加額は前年同期比37%増の81.8億元に達した。財政総収入は31.4億元で、前年比17.7%増加した。

    観海衛鎮は2021年に地域総生産額が188.9億元を実現し、前年同期比8.6%増加した。工業総生産額が517.9億元を実現し、前年同期比25.2%増加した。固定資産の投資額は19.2億元で、前年同期比25.2%増加した。


【印刷】 【閉じる】