ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波「滄海桑田」の変化を目の当たりにする
2022-09-23 18:17フォントサイズ: A A A

                                                                                                             

                                                                          上図:井頭山遺跡の第1期考古発掘現場。


    地下10メートルに埋められ、余姚市三七市町に位置する井頭山遺跡は、寧波地区の人類活動の先史時代を今から8000年ほど前まで押し、浙江省と長江デルタ地区の初の先史前沿海貝丘遺跡で、中国沿海年代で最も早く、最も深く埋蔵された海洋文化遺跡である。2021年は2020年度全国十大考古新発見と評価された。


  2013年10月、河姆渡遺跡で発見されてからちょうど40年目にあたる日、台風がもたらした豪雨のために、地下に埋められていた井頭山遺跡の貝類の遺物「浮き上がる」のが見つかった。


  2016年10月、浙江省文物考古研究所、寧波市文化遺産管理研究院、余姚河姆渡遺跡博物館の三者が力を合わせ井頭山遺跡考古隊を結成し、孫国平がリーダーとなり、正式に現場に進駐し発掘した。


  2020年上半期、孫国平にとって重要な意義がある。「井頭山遺跡の上の厚い泥をはらい、8000年前に当時の海辺で残した祖先の貝類の生活遺物を見たとき、時空を超えて祖先の知恵と感情を感じた。すべての苦労と冒険は価値がある。身にしみて感じたのは『滄海桑田』という成語である。中国は18000キロの海岸線を有する海洋大国としての強みの証拠である。」と孫国平氏は言う。これは彼の考古学生活の30年余りで最大の収穫である。


【印刷】 【閉じる】