ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波の「芸術郷の建設」
2022-09-06 11:12フォントサイズ: A A A

    慈渓では24名の文芸村長を任命した。寧海市は人民大学など10余りの大学と協力して、「芸術の振興郷村」人材学院を設立した。象山壁頭鎮の方家岙の「省の書道」村、黄避岙郷の大斜橋「童話の芸術村」が若者の集まり地となった。慈城鎮の半浦村は村レベルの美術館の建立を模索する。奉化の「一村一品」は特色ある郷・鎮を美しく飾り立てる。このような「芸術郷の建設」は寧波では多い。以上は先日開催された寧波市文芸界夏期読書会及び「芸術郷の建設」工作働員会から伝えられた朗報だ。会議では、10の区(県、市)文連と12の市文芸家協会が「芸術郷の建設」の結団式も行った。

  「芸術郷の建設」は浙江省文連が全国で率先して提起した先駆的な仕事である。寧波ではすでに仕事が始まっており、各地で多くの革新的なやり方が出てきている。

未来の3年間、市の文联が特色芸術村の発展を重点的に発展させ、村民の芸術素養をアップし、、文芸人材の育ち、田舎の文芸と田舎の景色を融合させた。「芸術の郷」を建てて、交流と展示するプラットフォームを建設する。「芸術郷の建設」が共に豊かな先行市と近代的な浜海大都市を作り出す鮮明な指標となるよう推進する。


【印刷】 【閉じる】